料理の見栄えを大きく左右する食器

食器とは料理の見栄えを大きく左右する器の事を言います。
それは様々なお店で購入することができ、たとえば、スーパー、デパート、小売店、リサイクルショップ、バザー等です。
その値段はさまざまで、安い物では100円、高価な物では数万円し、一般家庭では、普段使いの安いものと、お客様用の高価なものを使い分けます。

どんなに美味しい料理が完成しても、食器によってはその出来栄えがまずそうに見えてしまいます。そのため、選び方は重要です。

チェーン店のレストランでは、料理によって盛り付けられる器がマニュアルで決まっており、スープ用の皿、サラダ用、パスタ用、肉料理用、和食用等細かく分類され、それぞれの器に盛り付けて客に提供します。
一般的にスープ用には深めの皿、サラダ用には浅めの皿、パスタにはやや深めの皿、肉料理にはナイフとフォークを使いやすいよう浅めの皿で場合によっては鉄板を使用します。

給食では昔は落としても壊れにくいアルミ製の器を使う事が一般的でしたが、最近では、器は落としたら割れてしまうため大切に使用するべき事を生徒に教えるため、落としたら割れる陶器の器を使う事が増えました。

和食では多くの皿を使い分けられ、そしてそれらに使用方法のルールがあります。

茶碗は、円形で底が湾曲しており、片手で持ち上げられるものです。
飯碗の他に茶漬け茶碗、蒸し茶碗があり、湯呑茶碗には緑茶用と煎茶用があり、汁椀には雑炊用と多様碗があります。

皿にも多くの種類があり、大皿、中皿、盛り皿、小皿等です。大きいお皿を持って食事をする事はマナー違反ですが、片手で持てる小さな皿は手に持って食事をする事がマナーです。たとえば、しょうゆ皿です。

その他、小鉢や丼鉢、土瓶や鉄瓶、鍋があります。

料理と器の組み合わせにこだわると、料理の味は大きく変わります。
なぜなら、料理は見た目にもこだわって調理するからです。

高級レストランではすべての器が統一され、更にテーブル上の小物にまでこだわります。

災害の際や、アウトドアで便利なのが、使い捨て出来る紙やプラスチックでできた食器です。
平たい皿や深めの皿、コップもあります。使ったらそのまま捨てられるので、ホームパーティーに使用しても便利です。
プラスチック製の物は皿やコップはもちろん、蓋つきのものも一般的で、スーパーの惣菜や屋台の焼きそばを入れるのに便利です。その場合、輪ゴムをすれば蓋をする事が出来、便利です。